浜猫ブログ

わたしたちの地域猫活動の記録です
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

疥癬の猫(皮膚病)治療したのですが・・・その後・・・

0

    ひどい疥癬になっていたので保護しました。

    皮膚は固くなっていて多分とても痛いと思います。

    身動きせず、じっとしていて、目がみえるのかどうかも不安になりました。

    猫を抱えても動くことなく、されるままの状態でした。

    近所の方の庭に置いてもらい、日々病院とお世話をしてもらいました。

    寒いと思い、箱の中に毛布にホカロンを入れ、少しずつご飯が食べられる状態になりました。

    ・・・と2週間程経った頃・・・

    「ケージの中を掃除している時に脱走してしまいました!」と電話がありました。

    「・・・・・!」

    とても元気になっていました。

    元気になってから、男の子なので去勢手術をしようと思っていたところでした。

    その後、二階から撮った写真です↓

    「やぁ〜!元気だよ〜!」

    と言っていたかどうかわかりませんが・・・。

    「はい。良かったです・・・」

    捕まえられれば、来年は去勢手術をしようと考えています。

     

     

     

    地域猫 | permalink | - | - | - | - |

    隣の地域の境目、生後半年のオス猫去勢手術しました

    0

      目のぱっちりしたオス猫、去勢手術済ませました。

      隣の地域になりますが、色々と場所は動くので仕方ありません。

      去勢手術をすると尿の臭いも軽減されるし、性格もおとなしくなります。

      「地域猫」としてご近所の方が世話をすることになりました。

      手術後、早速毛布にホカロンを入れて小屋を作ってあげていました。

      幸せになってね!

      捕獲と手術 | permalink | - | - | - | - |

      猫の口の中の痛み、口内炎・歯周病、薬で乗り切りました

      0

        年を取ると口の中の歯の痛みや、その周り歯周病のようになってご飯が食べられなくなります。

        歯の周りに歯石が付いたり、化膿したりと。

        今回、薬を3回だけで良くなりました!

        なので、ご飯を食べなくなっている外猫(野良)ちゃんがいたら、病院での薬を試して下さい。

        とろみのついた餌に混ぜて、こんなに元気になりました。

         

         

        地域猫 | permalink | - | - | - | - |

        長い間「地域猫」だった黒ちゃん保護しました

        0

           

          去年から保護を考えていた黒猫(推定12歳位)を保護しました。

          いつもの公園で、ご飯をあげに行ったところ、寒さのせいか、年齢のせいか足を引きずっていました。

          これ以上このままでは無理と思い、余生をゆっくり過ごしてもらおうと思っています。

          外にいると寝る場所や車の往来で、年老いた猫にはきつい毎日と思います。

          地域猫の証、向かって右耳はカットされています。

          近くでよく見ると、身体が疲れている・・・と感じました。

           

          保護して一週間後、口からよだれが出ていたため、病院で看てもらいました。

          口の中は物凄い口内炎、舌も2冂白く化膿していました。

          今回は抗生剤の注射をして、一週間後に口腔の手術をすることになりました。

          歯はほとんどなく、それでも歯も抜くことになりました。

          保護して良かったとつくづく思いました。

          以前に里親さんになって頂いた方にも、黒ちゃんを心配して下さっていました。

          どうかご安心を・・・ありがとうございました。

           

          地域猫 | permalink | - | - | - | - |

          千葉県まで里子に出ました!

          0

            右側の白黒の猫ちゃんが12月の寒い中、ご近所の方から「子猫が庭にいます」と連絡が入りました。

            この辺りでは子猫が産まれません。

            なのでこの子は1匹で庭に隠れていました。

            多分捨てられたのだと思います。

            連絡をくれた方が自分の家の猫をキャリーに入れて持ち歩いていたところ、猫の鳴き声に反応して子猫が大きい声で泣いていると。

            まだまだ生後2ヶ月程の子猫でした。

            連絡をくれた方のお蔭で、風邪も引くことなく保護出来ました。

            そして今日、先住猫ちゃんがいるお宅に里子に出ました。

            この御宅ではご夫婦がとても猫ちゃんが大好きで、ご自宅も猫が遊べるように全て作ってあります。

            壁にも階段取り付けられ、遊び放題です。

            先住猫ちゃんと早く仲良しになれると良いな〜と思いつつ帰宅しました。

            里親決定 | permalink | - | - | - | - |
            CATEGORIES
            ARCHIVES
            MOBILE
            qrcode