浜猫ブログ

わたしたちの地域猫活動の記録です
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

疥癬にかかった猫、今は家猫になっていました!

0

     

    保護当時の写真です。

    疥癬の猫を保護、治りかけた頃に脱走してしまいました。

    今日、なんとこの猫が飼われている事がわかりました!

    うっうっうれし~い!

    脱走から20メートル程離れたお宅で!

    その方の話では疥癬になった猫が、その後お風呂から出てさっぱりしたように帰って来ましたとの事です。

    現在の姿です↓

     

     

    今では、すっかり飼われて左腕に喧嘩をしたような傷があり、病院にまで連れて行ってもらっていました。

    生きてて良かった~!

    今までの分、幸せになってね♡

    地域猫 | permalink | - | - | - | - |

    このところ食欲がなかったのは・・・やはり傷がありました

    0

      公園の外猫、このところ一週間程食欲がなく常に薬を持って餌やりをしていました。

      ご飯の匂いはかぐのですが、食べることはなく、虫歯があるのか歯肉炎なのかと思っていました。

      外猫は警戒心が強く病院に連れて行くことは出来ないので、何種類かの薬で対応しています。

      やっと今日判明・・・口の中ではなく頬に傷があり噛むことが出来なかったようです。

       

       

       

      傷口近くに剥がれた毛が垂れていて、取ろうとすると嫌がります。
      炎症を抑える薬を、ご飯に混ぜました。

      腫れた部分がとれたので、今日は食欲がありました。

      原因は不明ですが、少し安心しました。

      外猫はいつどうなるかと本当に不安です。

      今日、ご飯を食べに来て、明日も絶対に会えるかという保証はありません。

      だから一匹でも多く、家の猫になって欲しいと願うのです。

      地域猫 | permalink | - | - | - | - |

      我が家に毎日ご飯を食べに来る猫の「居場所」

      0

        自宅の庭には寒い時期に猫が住めるよう小屋を置いています。

        けれど暑い時期は、何処かに行っています。

        たまたま歩いている時に山の上から見かけました!

         

         

        こんなところに!いる~!

        自宅からは200メートル位の場所です。

        ここはお墓が10基程あるのですが、人が入れないように柵があります。

        車も入れない静かな場所です。

        こんな場所を探すのが猫は得意なんですね。

        地域猫 | permalink | - | - | - | - |

        凄く人懐こい外猫・・・里親さんが見つかりました!

        0

          ある場所に耳カットされた(不妊手術済)凄く人懐こい猫がいるとの情報を聞きました。

          私達が手術した猫ではありません。

          その場所に行ってみると確かに、警戒心がないくらいに人懐こい!

          耳も桜カットになっていました。

           

           

          きっと誰かが手術を済ませて離したようです。

          私達は手術前に、確実に餌をあげてくれる方を見つけてから手術をしているので、このような行き場のない猫が不安でたまりません。

          近所に聞いても分からず、自動車の往来が激しい場所なので必死に里親さんを探しました。

          (里親さんを聞いてまわって・・・その度に友人を無くしそうですっっ!)

          でもその甲斐もあり(>_<)以前の里親さんの友人が貰ってくれることになりました。

          その方は今までも、成犬(保護の犬)を終生まで大切に育ててくれました。

          猫を飼うのは初めて・・・との事でしたので、家から出さないよう(事故に遭いやすい・病気になりやすい)とのお話をさせて頂きました。

           

             

           

          一週間後に腕の中に安心している写真が・・・あ~とっても嬉しい!!

          外猫じゃなくて良かった~と。

          飼ってみると猫もなかなか良いものです(^^)

          地域猫 | permalink | - | - | - | - |

          しみる君の4回目・5回目の口蓋裂手術が終わりました

          0

            ←順番待ちで、掲示板に名前が・・・「もうすぐ・・・」

             

            しみる君の4回目の手術が終わりました。

            蔭で応援していただいた方、本当にありがとうございました。

            そしてこのブログをみて、もしかして・・・どこかで心配していただいた方、ありがとうございました。

            9日間の入院を経て、やっと終わりました。

             

               

            ↑入院中喉の痛みにひたすら耐える・・・。

             

            以前の手術では、喉の上の穴の開いた部分の近くの肉を切り寄せたのですが、今度はもっと離れた場所から切り、穴を埋めました。

             

             ←上の赤い部分が切った跡です。

             

            入院中に再度穴が開いてしまい、5回目の手術になってしまいました。

            今度またいつか、穴が開いてしまうのでは・・と不安は残ります。

            糸が溶けるまで様子見です。

            今度また開いてしまった場合は、やはり異物を入れて塞ぐという話でしたが、その場合は1年位で取れてしまったり、頭蓋骨の方に違和感が出てしまうとの事でした。

            しみる君は今でも、水を飲むことが出来ず、でもやはり飲みたいのか水の前に座ってずっと見続けます。

             

            保護した当初はまだ生後半年位だったので里親探しを検討しましたが、こんな障害になってしまい里親に出すことは諦めました。

            今は病院で眠れなかったのか、ただよく眠ります。

             

             

            ひたすら頑張って生きる、生き抜く力、小さな命でも一緒です。

             

            地域猫 | permalink | - | - | - | - |

            外猫暮らしを全うした雌猫メンメ

            0

                

               

               

              兄弟2匹は家の中、不妊手術後、触らせてくれるものの警戒心が強く人との距離は縮まらず、長い間保護することができませんでした。

              冬は車の下のベッドで眠り、テリトリー侵入猫と戦い、耳はボロボロ―。

              ところがこの冬は、ご飯は食べに来てもベッドに入らず、不安が募っていました。

               

              そんなメンメが瀕死状態で戻って来てくれました。

              抱きしめるとゴロゴロと喉を鳴らしてくれ、6日間の看病の後、息を引き取りました。

              溜まっていた胸水を抜く治療はしましたが、死因は不明。

              やはり、外猫暮らしは過酷です。

              1匹だけにしてしまった心残りはありますが、歯のほとんどは無く生き抜いた14年でした。

              地域猫 | permalink | - | - | - | - |

              外猫の家/野良猫/寒さ対策小屋の作り方

              0

                寒くなってきました。

                雪が降ると昔は少し嬉しい気持ちになったのですが、大人になって今、猫がどこで過ごしているのか心配で雪が好きじゃなくなりました。

                昔は「縁の下」というものがあって、猫はその中にいることが出来たのですが今は「縁の下」がありません。

                どこで過ごしているのか、雪の日は特に心配になります。

                 

                そんな時に以前保護猫の里親さんになっていただいた方から、とても良いメールを頂きました。

                私達の置いている猫の小屋は以前に「大き過ぎて・・もう少し小さい物があれば良いのだけれど」と言われた事があります。

                段ボールにすれば、好みの大きさに出来ます。

                 

                    

                 

                これは厚めの段ボールにビニールを貼り、その上からガムテープを貼ってあります。

                出入口の他に蓋をしてある箇所はご飯を入れるところです。

                出入口を壁側に設置します(カラス対策の為カラスが入れないように)

                入口が外側にあると猫も落ち着きません。

                壁側に設置することが、風も防げるのでとても良いと感じました。

                 

                  

                 

                中に電気毛布を敷いてあります。

                又はホカロンを入れてあげます。

                完璧過ぎて頭が下がります。

                「思いやり」があるからこそ、素敵な小屋が出来るのですね!

                 

                 

                幸せの住人の(もち丸君)です。

                生まれて来た一代の命を大切にして下さる気持ちは・・・一緒です!

                 

                 

                 

                地域猫 | permalink | - | - | - | - |

                猫小屋の移動、ご近所の優しいお気持ちに心が温まりました

                0

                  猫の名前は「鍵尾君」

                  80代のご高齢のお宅の玄関前に住んでいました。

                   

                   

                  そこのお宅から、「入院や高齢のせいで猫の世話が出来ない・・・」と連絡がありました。

                  猫の小屋も移動しなければならない・・・。

                  これからが寒いのに、どうにかしなければ。

                  猫ももう13歳と高齢です。

                  そんな時に、お隣に相談しました。

                  直ぐに「ここで良ければ使って下さい」と嬉しいお言葉を頂きました。

                  そこは塀を隔てたお隣。

                  今日、お隣の家に移動しました。

                   

                   

                  設置完了!

                  少しして、そっと行ってみると鍵尾君は中へ入って寝ていました。

                  良かった〜!バンザ〜イ!

                  相談をした時に直ぐに「どうぞ」と言っ下さり、とても嬉しかったです。

                  本当にありがとうございました。

                  寒い日、心温まりました。

                  みんなのご理解があって、「地域猫」が成立します。

                  鍵尾君、地域猫として寿命全うして下さいね!

                   

                  ※この地域では10ヶ所程、この猫の小屋を置いています。

                  両側に段ボール箱を置いて、中には毛布を入れてあります。

                  入口を開けていても、雨で濡れるのは中央のみなので、中央にマットを敷いています。

                  雪の時期は毛布の中にホカロンを忍ばせます。

                   

                  地域猫 | permalink | - | - | - | - |

                  しみる君、3度目の口蓋裂手術・・・でも

                  0

                    先日3回目の手術を終えました。

                    もう病院へ行くのが嫌になったようです。

                    凄く慣れていたのですが、最近は又連れて行かれるのかと、私のスリッパの音を聞くとビクビクするようになってしまいました。

                    手術後、鼻水が少しずつ減り、保護時に手を鼻水で拭っていた茶色だった毛部分が白くなってきました。

                     

                    →→→

                     

                    今は目が見えない年寄の猫に寄り添い仲良くしています。

                    何故か、しみる君は弱い猫の味方です!

                     

                     

                    ・・・が、また穴が開いてきました。

                    がっかりです。

                    未だに水が飲めないので、ドライフードにお湯を浸して食べています。

                    来年に又、手術予定です。

                     

                    地域猫 | permalink | - | - | - | - |

                    しみる君、口蓋裂の再手術したのですが、軟口蓋に穴が開いてしまい再三の手術に

                    0

                      しみる君の再手術が終わりました。

                      5日間入院し、家に戻ったしみる君は病院であまり寝ていなかったのか少し疲れた様子でした。

                      術後の話では、表面の口蓋裂手術は終わったのですが、軟口蓋が又穴が開いてしまっているとの事でした。

                      軟口蓋は蓋のような仕組みで、その部分がふさがらないと食べたものがくしゃみ等で鼻から出てきてしまうらしいのです。

                      次回、3度目の手術になりました。

                       

                       

                      手術後の写真です。

                      両端の肉を切って、口蓋裂の再度開いてしまった部分に肉を集め縫いました。

                      軟口蓋はこの中の部分に穴が開いているようです。

                       

                        

                       

                      自宅に戻った、しみる君は他の猫全員に挨拶をして(鼻をチュッと合わせ)「また宜しくです!」と言っているような感じでした。

                       

                       

                      次の手術まではカテーテルで喉に直接高栄養の液体を入れます。

                      次回の手術も頑張ります!

                      byしみる

                      地域猫 | permalink | - | - | - | - |
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode