浜猫ブログ

わたしたちの地域猫活動の記録です
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

外猫暮らしを全うした雌猫メンメ

0

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    兄弟2匹は家の中、不妊手術後、触らせてくれるものの警戒心が強く人との距離は縮まらず、長い間保護することができませんでした。

    冬は車の下のベッドで眠り、テリトリー侵入猫と戦い、耳はボロボロ―。

    ところがこの冬は、ご飯は食べに来てもベッドに入らず、不安が募っていました。

     

    そんなメンメが瀕死状態で戻って来てくれました。

    抱きしめるとゴロゴロ言ってくれ、6日間の看病の後、息を引き取りました。

    溜まっていた胸水を抜く治療はしましたが、死因は不明。

    やはり、外猫暮らしは過酷です。

    1匹だけにしてしまったこと、後悔の日々です。

    地域猫 | permalink | - | - | - | - |

    外猫の家/野良猫/寒さ対策小屋の作り方

    0

      寒くなってきました。

      雪が降ると昔は少し嬉しい気持ちになったのですが、大人になって今、猫がどこで過ごしているのか心配で雪が好きじゃなくなりました。

      昔は「縁の下」というものがあって、猫はその中にいることが出来たのですが今は「縁の下」がありません。

      どこで過ごしているのか、雪の日は特に心配になります。

       

      そんな時に以前保護猫の里親さんになっていただいた方から、とても良いメールを頂きました。

      私達の置いている猫の小屋は以前に「大き過ぎて・・もう少し小さい物があれば良いのだけれど」と言われた事があります。

      段ボールにすれば、好みの大きさに出来ます。

       

          

       

      これは厚めの段ボールにビニールを貼り、その上からガムテープを貼ってあります。

      出入口の他に蓋をしてある箇所はご飯を入れるところです。

      出入口を壁側に設置します(カラス対策の為カラスが入れないように)

      入口が外側にあると猫も落ち着きません。

      壁側に設置することが、風も防げるのでとても良いと感じました。

       

        

       

      中に電気毛布を敷いてあります。

      又はホカロンを入れてあげます。

      完璧過ぎて頭が下がります。

      「思いやり」があるからこそ、素敵な小屋が出来るのですね!

       

       

      幸せの住人の(もち丸君)です。

      生まれて来た一代の命を大切にして下さる気持ちは・・・一緒です!

       

       

       

      地域猫 | permalink | - | - | - | - |

      猫小屋の移動、ご近所の優しいお気持ちに心が温まりました

      0

        猫の名前は「鍵尾君」

        80代のご高齢のお宅の玄関前に住んでいました。

         

         

        そこのお宅から、「入院や高齢のせいで猫の世話が出来ない・・・」と連絡がありました。

        猫の小屋も移動しなければならない・・・。

        これからが寒いのに、どうにかしなければ。

        猫ももう13歳と高齢です。

        そんな時に、お隣に相談しました。

        直ぐに「ここで良ければ使って下さい」と嬉しいお言葉を頂きました。

        そこは塀を隔てたお隣。

        今日、お隣の家に移動しました。

         

         

        設置完了!

        少しして、そっと行ってみると鍵尾君は中へ入って寝ていました。

        良かった〜!バンザ〜イ!

        相談をした時に直ぐに「どうぞ」と言っ下さり、とても嬉しかったです。

        本当にありがとうございました。

        寒い日、心温まりました。

        みんなのご理解があって、「地域猫」が成立します。

        鍵尾君、地域猫として寿命全うして下さいね!

         

        ※この地域では10ヶ所程、この猫の小屋を置いています。

        両側に段ボール箱を置いて、中には毛布を入れてあります。

        入口を開けていても、雨で濡れるのは中央のみなので、中央にマットを敷いています。

        雪の時期は毛布の中にホカロンを忍ばせます。

         

        地域猫 | permalink | - | - | - | - |

        しみる君、3度目の口蓋裂手術・・・でも

        0

          先日3回目の手術を終えました。

          もう病院へ行くのが嫌になったようです。

          凄く慣れていたのですが、最近は又連れて行かれるのかと、私のスリッパの音を聞くとビクビクするようになってしまいました。

          手術後、鼻水が少しずつ減り、保護時に手を鼻水で拭っていた茶色だった毛部分が白くなってきました。

           

          →→→

           

          今は目が見えない年寄の猫に寄り添い仲良くしています。

          何故か、しみる君は弱い猫の味方です!

           

           

          ・・・が、また穴が開いてきました。

          がっかりです。

          未だに水が飲めないので、ドライフードにお湯を浸して食べています。

          来年に又、手術予定です。

           

          地域猫 | permalink | - | - | - | - |

          しみる君、口蓋裂の再手術したのですが、軟口蓋に穴が開いてしまい再三の手術に

          0

            しみる君の再手術が終わりました。

            5日間入院し、家に戻ったしみる君は病院であまり寝ていなかったのか少し疲れた様子でした。

            術後の話では、表面の口蓋裂手術は終わったのですが、軟口蓋が又穴が開いてしまっているとの事でした。

            軟口蓋は蓋のような仕組みで、その部分がふさがらないと食べたものがくしゃみ等で鼻から出てきてしまうらしいのです。

            次回、3度目の手術になりました。

             

             

            手術後の写真です。

            両端の肉を切って、口蓋裂の再度開いてしまった部分に肉を集め縫いました。

            軟口蓋はこの中の部分に穴が開いているようです。

             

              

             

            自宅に戻った、しみる君は他の猫全員に挨拶をして(鼻をチュッと合わせ)「また宜しくです!」と言っているような感じでした。

             

             

            次の手術まではカテーテルで喉に直接高栄養の液体を入れます。

            次回の手術も頑張ります!

            byしみる

            地域猫 | permalink | - | - | - | - |

            少しの段も飛べず保護した猫、足の指に腫瘍が出来ていました

            0

              以前に保護した猫、老猫で足が弱っているのかと思っていたのですが、指に腫瘍が出来ていました。

              切るのは抵抗がありましたが、指が腫れてきて血が出てしまい猫自身も足を気にして舐めていました。

              検査の結果、悪性になる恐れがあるとの事で指を切断しました。

              猫はパットだけでも大丈夫とのお話でした。

               

               

               

              年齢はもう14歳!

              でもまだまだ頑張って生きています!

              地域猫 | permalink | - | - | - | - |

              しみる君のその後・・・口蓋裂の再手術になってしまいました

              0

                 

                手術後、今日再診に行きました。

                このところ、また鼻水と涙が多く、拭いても拭いても出てきていました。

                まだ水を飲めず・・・先生は「又穴が開いてしまう事がある」と話されていました。

                口の中を見たら、やはり穴が開いていました。

                 

                そして保護してから分かった事、それは耳が聴こえない事でした。

                今思うと、往来の激しい道をトボトボと怖がらずに歩いていたのは、耳が聴こえないせいだったと分かりました。

                 

                これから再手術です。

                 

                地域猫 | permalink | - | - | - | - |

                オス猫を去勢したその後・・・こんなに変わりました

                0

                   

                  手前に写っているキジ柄の猫が、こんなにみんなとご飯を食べられる良い子になりました。

                  去勢手術前は、他の猫に喧嘩を売る、大声で鳴くという事を繰り返していました。

                  手術して半年でホルモンが変わると言いますが、4ヶ月位からでしょうか・・鳴くことなくなり、こうして一緒にご飯を食べられ、他の猫も認めてくれるようになりました。

                  強い臭いが無くなるのでしょうか。

                  尿の臭いも軽減されるようです。

                  この時期、未手術の猫はメスの臭いを見つけるまで、さまよいます。

                  自宅にいる猫は外へ出たがります。

                  でも手術後のオス猫はとても甘ったれの良い子に変わります。

                  オス猫だから・・・余計に手術してあげてください。

                   

                  地域猫 | permalink | - | - | - | - |

                  子猫がいるとの連絡で保護しようと思いましたが・・・

                  0

                     

                    この写真の中央に子猫がいます。

                    拡大した写真が次の写真です。

                     

                     

                    隣接する庭の中、子猫がいました。

                    生後2ヶ月位でしょうか?

                    保護しようと革手袋を装着し、洗濯ネットを持って探しましたが、直ぐに雑草や小屋の下に行ってしまい、なかなか捕まりませんでした。

                    ご近所に声をかけ、庭に入る許可も得たのですが、思うようにはいきませんでした。

                    結局、ここのお宅の方が毎日ご飯をあげ子猫を育てると言って下さいました。

                    そして生後半年位になったら不妊手術をしようという事になりました。

                    ご飯をあげると食べているそうで、その頃に慣れてくれると嬉しいです。

                     

                    地域猫 | permalink | - | - | - | - |

                    5年連続でおきる不思議・・・今年も年末に亡くなりました

                    0

                        

                       

                      12月31日「地域猫」として10年生きぬいた猫が交通事故に遭いました。

                      何故かここ5年間ずっと12月31日に亡くなっています。

                      隣町の猫だったり、自宅の猫だったり・・・今年は何も起こらないようにと願っていました。

                      元旦の朝早くにチャイムが鳴り「猫が昨日交通事故に遭い死体をどうしたらいいか」と尋ねて来ました。

                      すぐにその御宅に向かい箱に入れられた猫を確認しようと思ったのですが、事故の現場には1m程血が流れていました。

                      猫の形は無く、白いタオルで包まれていました。

                      元旦はどこもやっていない為、自宅に2日置くことにして、年明けの3日に戸塚斎場に持って行きました。

                      10年生きたこの猫に「どうか次は家猫として生まれ変わって来て下さい」と願いました。

                      他に言葉が出ません・・・合掌・・・

                       

                      地域猫 | permalink | - | - | - | - |
                      ARCHIVES
                      MOBILE
                      qrcode