浜猫ブログ

わたしたちの地域猫活動の記録です
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

以前の里親さんに貰って頂きました!自宅は猫カフェのようでした

0

      

     

    以前の里親さんに貰って頂きました!

    抱っこをするとウットリするように抱かれています。

    部屋の中は猫カフェのように全て用意されているので、直ぐに家の中をチェックして過ごしていました。

    キャットウォークも使い、何年も前から過ごしているかのようでした。

    これからは先住猫ちゃんと仲良く出来ますように、長い目で宜しくお願いいたします。

     

      

     

    柱に麻紐を巻いているのは、とても参考になりました。

    里親決定 | permalink | - | - | - | - |

    飲食店の脇で保護した猫、目が見えず白内障?

    0

       

      数年前に飲食店の脇にいた女の子です。

      あっという間に白内障のようになってしまいました。

      ここの地域の方は本当に良い方が多く、「飲食店だからと言って、猫はいても構いませんよ」と言って下さいました。

      とても優しいお人柄に「食事するなら、こんなところが良いな~」と思いました。

      まだまだ元気にしています!

       

      地域猫 | permalink | - | - | - | - |

      ご家族が多い家庭で寂しくなく、幸せになれました!

      0

         

        出来れば寂しくなく過ごしてもらいたい・・・と思い里親さんを探していたところ、ご家族が多い家庭に巡り会いました。

        去年末に18歳の猫ちゃんを看取り、きっとその子への想いもまだまだ残っていると思いますが、愛情がたっぷりの里親さんの元へ貰われました。

        きっとこの子も先代に続き、ご家族の一員に(^^)なれることを願います。

        テレビが好きな(お笑いが好きな?)写真が送られてきました!

         

         

        ありがとうございました。

        里親決定 | permalink | - | - | - | - |

        トイレのフードを嫌がったら・・・猫の砂が飛び散らないよう対策

        0

          砂が飛び散らないよう、トイレにフードが付いた物を購入する方も多いと思います。

          でもフードを嫌がる猫も多いのも事実です。

          我が家でも最初トライしてみました。

          一匹の猫がトイレを真剣に利用していると、他の猫が突っつくのです。

          そんな事を繰り返しているうちに、フード付きトイレを使わなくなってしまいました。

          そこで思いついたのが、衝立を使う事です。

          二枚の板を買ってきて、蝶番で留めるだけです。

          これで、砂が飛び散らかず、猫ものんびり用をたせます。

          しかもフードの取り外しが無いので掃除も楽です。

           

           

          左側の白の板二枚で囲みました。

          我が家は多頭飼いの為、トイレは衣装ケースです(しかも安い!)

          入口は狭くしました。

          よく使う道具は壁に設置。

           

            

           

          もし、フード付きトイレを嫌がる子がいたら参考になれば幸いです。

           

          その他 | permalink | - | - | - | - |

          ミコりん!里子に出てから1ヶ月・・・その後障害があることがわかりました

          0

            生後1.5か月程で以前の里親さんに貰って頂き、1ヶ月が過ぎました。

            とっても可愛い三毛ちゃんは、ミコちゃんになり、そして「ミコりん!」になりました。

            可愛がられているのが目に浮かびます。

            1ヶ月が経ったご報告のメールに、今ご家族のみんなに可愛がられている事、ミコりんは、とてもお茶目な女の子である事が書かれていました。

            そしてメールの最後に歩き方が少し変な事、ご飯を食べる時にうまく頭が固定出来ない事が書かれていました。

            近所の病院で耳の中を看てもらい、三半規管の障害ではない事が分かりました。

            もしかして、小脳に障害があるかも知れないと・・・。

            とてもショックでした。

            是非また子猫を・・・と言って下さり、絶対に元気で可愛い子猫を!と思っていました。

            でもこのような事が起こりうると言う現実。

             

              ← こんなに可愛い!

             

            メールの最後に「過保護の箱入り娘として大切に育てていきます」と。

            嬉しい限りです。

            涙が出るほど嬉しいです!

            優しいご家族の中で、どうかどうかミコりんがこれ以上酷くなりませんように。

            そしてどうか、治りますように・・・と願うばかりです。

            その他 | permalink | - | - | - | - |
            ARCHIVES
            MOBILE
            qrcode